HOMEへ サイトマップへ
プロフィール業務案内所在地/アクセススタッフ紹介税務相談相談事例創業支援お役立ちリンクお問合せフォーム
インデックスへ

トップページへ戻る
 

13、少額減価償却資産の購入

   決算で利益が出るとわかっていれば、一時に損金算入できる消耗品等を前だお

しで購入し使用することで節税が可能となります。


ポイント

 期間:18年4月1日以後(年間300万円が限度)

 金額:30万円未満

 購入しただけではダメ、使用開始することが必要

 毎月の会計処理をスピーディーに正確に行い、本当に利益が出るのかつかむこ

とが大事


※前だおしで、修繕(ex.改装)や車両等の購入も同様に節税となる

が、車両等固定資産は減価償却費分だけ、修繕も資本的支出分は減価

償却となる



 
Copyright (C) 2003 Tsukamoto Accounting Office All rights reserved.
サイトマップへ ホームへ