HOMEへ サイトマップへ
プロフィール業務案内所在地/アクセススタッフ紹介税務相談相談事例創業支援お役立ちリンクお問合せフォーム

トップページへ戻る
 
  相談事例

 


塚本会計事務所への良くあるご相談内容を、Q&A形式で紹介しています

@Q&A
個人事業形態で美容院を経営していますが、毎年業績も伸び順調です。昨年は2店舗目も開店しました。確定申告ではとにかく税金が高くて困っています。税金を減らすいい方法はないでしょうか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
法人成りを検討してみてください。儲けが増えてくると会社形態にしたほうが有利ではないかという考えがでてきます。その大きい違いは事業所得を役員報酬という給与所得で受け取ることになります。したがってサラリーマンと同じように給与所得控除がうけられます。ポイントは役員報酬の設定です。最適役員報酬シュミレーションをおこなってください。また将来退職金を受け取ることもできます。



AQ&A
会社の設立について教えてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会社について概要を述べれば次のようになります。
 株式会社 
 設立のスケジュール(一例)
  商号、目的、本店所在地の案をきめる。
  類似商号調査
  定款の作成
  定款の認証を受ける
  出資金の払い込み
  創立総会 役員を決める
  取締役会で代表取締役を決める
  登記申請



BQ&A
来月が決算月になりますが、相当の利益が出ると予想されます。決算前対策にはどんなものがありますか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次のようなことを検討してください。
修繕費 必要な修繕を前倒しで行う。資本的支出に注意
消耗品費 一時償却可能な30万円未満の消耗品の購入
広告宣伝費 積極的な広告活動
賞与 従業員に対して決算賞与を検討する
貸し倒れ 貸し倒れの要件に当てはまるかどうかチック、債権放棄
短期前払費用 家賃等の支払いを年払いする。短期前払い費用の要件に注意
不良資産の処分 含み損の生じている資産の処分
交際費 隣接科目として処理できないか検討 例えば会議費、広告宣伝費、福利厚生費
旅費交通費 旅費規程の作成 旅費の清算を整える



CQ&A
税務調査は怖くありませんか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
正しい経理をしていれば怖いことはありません。普段から次のようなことに心がけてください。
  毎日正確に記帳しましょう
  ・証拠資料は整理して保存、整理整頓
  ・議事録、社内規定の整備
  ・帳簿残高と現金の実際有り高を毎日照合
  ・原始記録例えば注文伝票や棚卸の原始記録などをとっておく
  ・タイムカード、従業員の履歴書など人件費についての証拠資料を保管しておく
  ・扶養控除申告書は必ずもらって置く
  ・見積書なども取っておく
  ・書き損じた領収書も保存しておく、ナンバリングするとよい
  ・契約綴りの整理、印紙が正しく貼られているか
  ・経費の中に代表者個人が負担すべきものが混入していないか
  ・とにかく経理が正しいことを立証できるように普段から心がけてください。


Copyright (C) 2003 Tsukamoto Accounting Office All rights reserved.